掛川城御殿

儀式・公式対面などの藩の公的式典の場、藩主の公邸、藩内の政務などに使用されていた掛川城御殿。掛川城御殿は二の丸に建設された江戸時代後期の建物で、現存する城郭御殿としては、京都二条城など全国でも4ヶ所しかない貴重な建築物です。昭和55年に国指定の重要文化財に指定されています。
 
写真は掛川城天守閣の東側に位置する掛川城御殿の玄関です。

掛川城御殿の玄関から、西側に位置する掛川城天守閣の写真を撮ってみました。

掛川城御殿の中には、当時使用されていた貴重なものが展示されています。掛川城御殿に行った時の楽しみが減るかなって思ったので、またまたボカシを入れておきました。

12月24日の当日は、講談師 神田香織さんの講談が開催されました。演題は「山内一豊の妻」。神田香織さんの講談で、会場は笑いに包まれていました。あっという間に時間が過ぎてしまって、もっと聞いていたかったです。

講談師 神田香織さんについて知りたい方はこちらからどうぞ。

掛川城御殿のパンフレットの一部です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です