掛川城と城下町・掛川の歩き方について

本サイトでは、掛川市にある掛川城(かけがわじょう)について紹介していきます。

NHK大河ドラマ「功名が辻」でも有名になった歴史のあるお城ですね。

主人公の山内一豊が在城していた十年間、山内一豊が天守閣の建立や城下町の整備の指揮をおこなったそうです。しかし、時代の流れとともに天守閣は廃城(1869年)。御殿と太鼓櫓しか残らなかったそうです。

その後の1994年(平成6年)4月、日本初の本格木造によって、三層四階の天守閣が復元されました。どこから見ても、その美しい姿は記憶に残ります。

掛川城には外敵から守るための工夫がたくさん施されています

掛川城には外敵から守るための工夫がたくさん施されています。
そのひとつが「石落とし」といって、天守閣の張り出した部分に設けられた穴から、外敵に向かって石を落としたり槍を突き出して攻撃したりできるんです。石垣を登ってくる外敵から守るだけでなく、攻撃する工夫も施されているんですね。

下の写真で横に針のように突き出しているものも外敵から守るために工夫して作られたものなんです。

NHK大河ドラマ「功名が辻」でも有名になった山内一豊と、妻の千代

NHK大河ドラマ「功名が辻」でも有名になった山内一豊と、妻の千代の話は有名ですよね。

左下の写真で見性院とありますが、この人が千代のことです。夫の山内一豊のために、千代は大切にとっておいた「へそくり」をはたいて、「名馬」を買ったという話は多くの人が知っている話ではないでしょうか。

千代が山内一豊のためにしたこと、彼を想う気持ちが山内一豊の存在自体を大きなものにしていったんですね。

では、掛川駅から掛川城までを散策してみましょう!

歴史ある掛川城について行ったことのある人も行ったことのない人にもわかりやすく紹介していこうと思います。

掛川駅から真っ直ぐ北に向かった南北の道「城下町通り」という名前の道があります。道の両側には城下町をイメージした建物が建てられています。この道を進んでいくと掛川城が見えてきます。それでは掛川城に向かって行ってみましょう!!!

先ほどの「城下町通り」を真っ直ぐ北に歩いていくと左側に掛川城が見えてきます。掛川城の手前にある緑橋を渡って、掛川城を目指しましょう! この緑橋を渡る手前右側に、観光物産センターの「こだわりっぱ」と「掛川観光案内処」があるので、パンフレットをゲットしておいた方が良いですね。

緑橋を渡った左側、掛川城の麓にちょっとした休憩ポイントがあります。トイレや電話BOX、掲示板などがあります。掛川城を整備したときの情報が掲載されている掲示板や掛川城周辺の案内掲示板があるので、ココは要チェックです。

思い出に残った戦国の館・掛川のイベント

以前、戦国の館・掛川というイベントがありました。

戦国の館・掛川のイベント会場には、NHK大河ドラマ「功名が辻」で実際に使用した衣装や台本など会場いっぱい展示してありました。

仲間由紀恵さんや上川隆也さんを始め、たくさんのキャストのサイン色紙やドラマ撮影時の写真などのも掲載されていて、思い出に残るイベントでした。詳しくは ⇒ こちらをクリックしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です