掛川城と城下町・掛川の歩き方について

本サイトでは、掛川市にある掛川城(かけがわじょう)について紹介していきます。

NHK大河ドラマ「功名が辻」でも有名になった歴史のあるお城ですね。

主人公の山内一豊が在城していた十年間、山内一豊が天守閣の建立や城下町の整備の指揮をおこなったそうです。しかし、時代の流れとともに天守閣は廃城(1869年)。御殿と太鼓櫓しか残らなかったそうです。

その後の1994年(平成6年)4月、日本初の本格木造によって、三層四階の天守閣が復元されました。どこから見ても、その美しい姿は記憶に残ります。

掛川城には外敵から守るための工夫がたくさん施されています

掛川城には外敵から守るための工夫がたくさん施されています。
そのひとつが「石落とし」といって、天守閣の張り出した部分に設けられた穴から、外敵に向かって石を落としたり槍を突き出して攻撃したりできるんです。石垣を登ってくる外敵から守るだけでなく、攻撃する工夫も施されているんですね。

下の写真で横に針のように突き出しているものも外敵から守るために工夫して作られたものなんです。

NHK大河ドラマ「功名が辻」でも有名になった山内一豊と、妻の千代

NHK大河ドラマ「功名が辻」でも有名になった山内一豊と、妻の千代の話は有名ですよね。

左下の写真で見性院とありますが、この人が千代のことです。夫の山内一豊のために、千代は大切にとっておいた「へそくり」をはたいて、「名馬」を買ったという話は多くの人が知っている話ではないでしょうか。

千代が山内一豊のためにしたこと、彼を想う気持ちが山内一豊の存在自体を大きなものにしていったんですね。

では、掛川駅から掛川城までを散策してみましょう!

歴史ある掛川城について行ったことのある人も行ったことのない人にもわかりやすく紹介していこうと思います。

掛川駅から真っ直ぐ北に向かった南北の道「城下町通り」という名前の道があります。道の両側には城下町をイメージした建物が建てられています。この道を進んでいくと掛川城が見えてきます。それでは掛川城に向かって行ってみましょう!!!

先ほどの「城下町通り」を真っ直ぐ北に歩いていくと左側に掛川城が見えてきます。掛川城の手前にある緑橋を渡って、掛川城を目指しましょう! この緑橋を渡る手前右側に、観光物産センターの「こだわりっぱ」と「掛川観光案内処」があるので、パンフレットをゲットしておいた方が良いですね。

緑橋を渡った左側、掛川城の麓にちょっとした休憩ポイントがあります。トイレや電話BOX、掲示板などがあります。掛川城を整備したときの情報が掲載されている掲示板や掛川城周辺の案内掲示板があるので、ココは要チェックです。

思い出に残った戦国の館・掛川のイベント

以前、戦国の館・掛川というイベントがありました。

戦国の館・掛川のイベント会場には、NHK大河ドラマ「功名が辻」で実際に使用した衣装や台本など会場いっぱい展示してありました。

仲間由紀恵さんや上川隆也さんを始め、たくさんのキャストのサイン色紙やドラマ撮影時の写真などのも掲載されていて、思い出に残るイベントでした。詳しくは ⇒ こちらをクリックしてください。

掛川城天守閣

まずは太鼓櫓と三日月堀

掛川城の手前にある四足門。この階段を登っていくと、城下に時を知らせるための大太鼓を納めてあった太鼓櫓(たいこやぐら)が左側に見えてきます。

階段の右側には、三日月形をした三日月堀(みかづきほり)や十露盤堀(そろばんほり)などの内堀が見えてきます。昔は、この内堀以外にも場外に外堀が巡らされていたと言われています。写真は三日月堀です。十露盤堀は自分の目でチェックしてみてくださいね。

入館は有料です。掛川城天守閣や掛川城御殿、二の丸美術館に入館する場合は、入館券発売所でチケットを購入しましょう。

入館券発売所の隣にはトイレがあります。左側が女性用、右側が男性用。女性用トイレが大きいので行列になる心配はないでしょう。

入館券発売所やトイレと逆方向に振り返るとそこには!!!
やっと、掛川城天守閣が見えてきましたね!目の前にある階段を登って、掛川城を目指しましょう!!!

掛川城天守閣は目前です

掛川城天守閣は目前です。でも油断しないでください。
写真では大したことない階段ですが、石の形がイビツ。しかも、階段の一段一段が高い!足腰に不安のある方は、手すりを使って階段を登って行きましょう。

目の前に掛川城天守閣が現れてきましたね。ちなみに、この写真はこのホームページのタイトル画像に使った写真です。

掛川城天守閣がドアップです。本当にデカイ!!!

霧噴き井戸(きりふきいど)といって、掛川城を守った伝説の井戸です。永禄12年(1569年)、井戸から立ち込めた霧が掛川城をすっぽりと覆い隠して、徳川家康軍の攻撃から掛川城を守ったといわれています。伝説の霧噴き井戸の中を覗いてみるとそこには・・・
チェックしてみるといいですよ^^

では、掛川城天守閣の中に入っていきましょう!掛川城の中に入ったら、受付で購入したチケットをチェックしてもらいましょう。掛川城天守閣内の階段も段差がかなりあります。しかも、足元がすべりやすかったので、場内にある手すりを使った方が安心です。

掛川城天守閣内の写真を公開しようと思ったんですが、掛川城に行った時の楽しみが減るかなって思ったので、ボカシを入れておきました(笑)。「山内家伝来の軍配」や「山内家二代目・山内忠義公の鎧」などをはじめ、いろいろな歴史を感じさせる展示物がありました。あと、掛川城天守閣内には敵から城を守るための工夫が、至るところに。要チェックです。

ボカシだけでは、つまらないですよね(笑)。

ということで、掛川城天守閣の上から見下ろす城下町(南側)を堪能してください。写真には、左側から四足門、太鼓櫓、入館券発売所、戦国の館・掛川が見えます。
でも、掛川城天守閣からの見晴らしのすばらしさは、写真では表現できていないです。実際に掛川城に行って堪能することをオススメします。

掛川城でのイベント「戦国の館」の記録

掛川城天守閣の下に位置する掛川城公園の本丸広場で、2007年1月27日から12月24日まで開催されていた「戦国の館・掛川」。最終日のクリスマスにイベントでは、たくさんの人で賑わっていました。
 
この「戦国の館・掛川」は、信長・秀吉・家康に仕え、激動の時代を生き抜いた山内一豊と千代の生涯を描いた「功名が辻」と、武田信玄の軍師・山本勘助の活躍を描く「風林火山」の2つの物語を基に激動の戦国末期が体感できる展示館として開催されました。

あれっ?!あれは掛川市長の戸塚進也さんでは!
思いっきり歌ってます。途中、トラブルなのか音楽が止まりました。でも、音楽が鳴りやんでもアカペラで歌ってました。しかも、ウマイ。ちょっとビックリです^^;

このイベント会場では、歌やダンス、抽選会が行われました。個人的には戦国汁がGOODでした!でも、この戦国汁、どこらへんが戦国なんでしょう^^;

「戦国の館・掛川」の会場内では、「功名が辻のエリア」「風林火山のエリア」「掛川の戦国時代エリア」の3つのエリアで、ドラマ情報や戦国時代の歴史に関する展示がされていました。

ちょっと休憩しましょう。
戦国の館・掛川の館内に「千代と一豊の功名クイズ」というものがありました。
全部で5問です。あなたは何問正解わかりますか?答えは、戦国の館・掛川 – 其の参のページにあります。

「千代と一豊の功名クイズ」5問の答えがわかりましたか?
正解の答えが順番に並んでるのでチェックしてみてください。あなたは何問正解できましたか?

掛川城御殿

儀式・公式対面などの藩の公的式典の場、藩主の公邸、藩内の政務などに使用されていた掛川城御殿。掛川城御殿は二の丸に建設された江戸時代後期の建物で、現存する城郭御殿としては、京都二条城など全国でも4ヶ所しかない貴重な建築物です。昭和55年に国指定の重要文化財に指定されています。
 
写真は掛川城天守閣の東側に位置する掛川城御殿の玄関です。

掛川城御殿の玄関から、西側に位置する掛川城天守閣の写真を撮ってみました。

掛川城御殿の中には、当時使用されていた貴重なものが展示されています。掛川城御殿に行った時の楽しみが減るかなって思ったので、またまたボカシを入れておきました。

12月24日の当日は、講談師 神田香織さんの講談が開催されました。演題は「山内一豊の妻」。神田香織さんの講談で、会場は笑いに包まれていました。あっという間に時間が過ぎてしまって、もっと聞いていたかったです。

講談師 神田香織さんについて知りたい方はこちらからどうぞ。

掛川城御殿のパンフレットの一部です。

二の丸美術館

掛川城天守閣の東側に位置する二の丸美術館。二の丸美術館の中の情報も配信したかったんですが、館内は撮影禁止だったので二の丸美術館の外観を堪能してください。
 
二の丸美術館内には、「たばこ道具」や「刀装具」「近代日本画」のコレクションをはじめ、さまざまな美術品や工芸品などが展示されていました。掛川の文化や歴史に触れ合うことができる美術館です。写真でお伝えできないのが残念です。

二の丸美術館から、西側に位置する掛川城天守閣の写真を撮ってみました。

二の丸美術館のパンフレットの一部です。

二の丸茶室

掛川城天守閣の東側に位置する二の丸茶室です。この二の丸茶室のまわりには、掛川城天守閣や掛川城御殿、二の丸美術館があるので、二の丸茶室は目立っていません。でも、「知る人ぞ知る茶室」って感じが大好きです。

二の丸茶室の内観だけでなく、美しい外観や日本庭園も堪能できます。

二の丸茶室の西側に位置する掛川城天守閣も圧倒的な存在感があります。個人的にはこのポイントが大好きです。

掛川城周辺でランチ!美味しい食事はここがおすすめ

掛川駅から掛川城へ向かって北に歩いていると、右側に観光物産センターの「こだわりっぱ」と「掛川観光案内処」があります。ここでは掛川の名産や特産の販売をしています。ご家族や友達におみやげを買って帰るならここでしょうね。「掛川観光案内処」にはいろんなパンフレットがおいてあるので、要チェックです。

たこまんのお菓子は本当においしいですよ。個人的には大砂丘(チーズ)がオススメです。

掛川城へのアクセスについて

掛川城へのご案内

パンフレットの一部です。各施設の場所がわかると思います。

電車・新幹線の方は

JR掛川駅から歩いて5分程度です。電車や新幹線に乗っているときに、北の方向をチェックしていると掛川城が見えてきます。

車の方は

東名掛川ICから5分程度、北に行った場所に掛川城があります。

リンク集

相互リンクについて

当サイトはリンクフリーです。
現在、相互リンクしていただけるサイトを募集しています。なお、相互リンクをお申し込み頂く場合は、お手数ですが、当サイトをリンクしてからお申し込みの連絡をください。宜しくお願い致します。

リンクを貼っていただく際は、下記の文章をお使いください。

☆URL   : https://kakegawajyo.info07.net/
☆タイトル : 掛川城と城下町・掛川の歩き方
☆説明文  : 静岡県掛川市にある掛川城を紹介しているサイトです。掛川城はNHK大河ドラマ「功名が辻」でも有名な歴史あるお城です。

※サイト内容によっては、お断りさせていただく場合がございます。ご了承ください。

リンク集

☆掛川市の役立つ情報サイト
掛川観光協会ホームページ
掛川市役所ホームページ
遠州こだわりネットワーク [相互リンク]
 静岡県西部・浜松市、磐田市、袋井市、掛川市、菊川市、御前崎市、牧之原市、島田市、のレジャー、グルメ、イベント等の地域情報が満載のサイトです。地元の方には超オススメのサイトです。

☆お城のことならココ!役立つ情報サイト
・お城めぐりFAN
 城情報と城巡りに役立つ情報満載のサイトです。
Hatabo’s Homepage [相互リンク]
 「戦国の部屋」で全国の城を紹介しています。サイトの情報量と詳しい内容は必見です!
城と古戦場~戦国大名の軌跡を追う~ [相互リンク]
 お城と古戦場の情報をカテゴリ分けして紹介しているマサハレさんのサイトです。
信玄を捜す旅 [相互リンク]
 武田信玄・勝頼ゆかりの地、甲信地方の城館を中心に紹介されているサイトです。
城跡ほっつき歩き [相互リンク]
 埼玉県・群馬県を中心としたお城めぐりの情報が満載のサイトです。
栃木の城+α [相互リンク]
 栃木県のお城めぐりサイトです。「城のページ」の情報量は必見です。
城郭探訪 [相互リンク]
 三重県の城に関する情報が充実しています。「城郭探訪録」ページの情報量は必見です。
さんぽな気分 [相互リンク]
 本格的なサイトの作りに脱帽です。お城だけでなく寄り道のページも必見です。
城跡を訪ねる [相互リンク]
 戦国時代の遺構、遺跡など、すろ-はんどさんが実際に訪れた城跡を紹介しているサイトです。
武州の城 [相互リンク]
 埼玉県、東京都の中世の古城と周辺文化を紹介するサイトです。
近江の城郭 [相互リンク]
 近江(滋賀県)のお城情報だけでなく他県のお城情報も満載です。